読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナイフの缶詰

心は少年、身は中年。常に好奇心を持ち、全てのものに感謝しながら、気づいた事を書いていきたい。

プレゼンで失敗しないために

大勢の前でプレゼンをすると、とっても緊張します。そんなの一生関係ないもんって思っていても、突然呼ばれる結婚式で「スピーチをよろしくお願いします。」なんて言われることもある。でもまあ、スピーチは紙に書いて読み上げればよいのでまだ何とかなる。

まえもって「今度プレゼンしてもらえませんか?」って言われるのが一番大変。資料作って、練習して、それから発表。責任重大だし、時間通りに終わらせないといけないのに、緊張して話すことを忘れると、時間配分もムチャクチャになる。

断ればいいのだけど、お人よしで、お調子者の性格。お誘いにNoという言葉はない。渋い顔を演技上とりますが、二言返事で引き受けちゃう。大汗かきながらその後練習に入るのですが。コツっぽいものを書いておきます

 

その1)調査している段階では調査に集中する。(資料は作らない)

中途半端なところで作り出すと、遠回りをするし、あとで後悔します。まずは調査にできれば1週間かける。こうすると人の言葉が自分の言葉になり、話すときの説得力になる。調査の段階でできるだけ定量的な数字をかき集めておくと後々楽になる。(年間4%の割合でアップしているとか)

 

その2)作成後はメモを作る

PPTのメモはせっせと書き込みます。何かカンニングペーパーを作っているみたいですが、それぞれのページで自分が何を伝えたいのかを一度文章にして落としておくと後々とても助かる。本番のときに、これを見ながら読み上げる必要がありません。ただ準備としてやっておいた方が良いのです。

 

その3)10分くらいのパートに区切る

例えば30分のプレゼンであれば10分を3つに分ける。そしてそれぞれのパーツごとに練習をし、時間を測定するようにする。だんだんと思っていた時間内で納まるようになる。どうしても収まらないときは、話がムダに長い可能性がある。本当にそれを伝えないといけないのか?改めて自問自動することにもなります。

 

その4)練習を繰り返す

素人がプレゼンで成功するには、練習を繰り返すしかありません。逆に言うと練習さえ、さぼらなければうまくなります。できれば人に向かって練習する。人がいなければ壁に向かって、何度も何度もバカみたいと思っても、繰り返す。この繰り返しがあるからこそ、本番では上がらないし、逆に練習より良い結果を出す事が出来るのです。

 

その5)ギャグはほどほどに

一発やって、滑ると真っ青になります。シーンとしているからと言って、受けていないとは限りません。特に日本人は声を出して笑ってくれる人はそんなにいません。それでもギャグをやり続けると、最後は自虐ネタ以外なくなってきます。これはとても寒いこと。やってはいけません。

 

その6)ギャグの代わりに入れるもの 

デモや、ちょっとしたムービーはやってみると、意外と反応が良いです。皆さんを楽しませるために準備した感もでます。やっている間に、呼吸を整え、水を飲んで、時間配分について検討しなおすこともできます。後半に入れておけば、最悪話すぎて時間が無くなったときはバッファーとして削るという使い方もできます。あると便利。用意しましょう。

 

その7)最後に何を話すのかを決めておく

決め台詞があればBESTですが、「これにて私の発表は終わります」でもいい。最後のページだけ特に念入に練習しておく。こうすれば、途中で時間の配分をへくっても、舞い上がらずに進める事が出来るのです。

 

その8)情熱をもってやる

誰しも何かしら思いを込めているポイントっていうのはあると思います。依頼されたから、やるのかもしれませんが、やる以上は、自分の思いをぶつけるチャンスだと思って取り組みましょう。自分のひたむきな思いを語れば、たとえ、たどたどしくても、多少わかりづらくても、人は聞いてくれます。思いを込めてプレゼンをやりましょう。

 

その9)ご褒美はこっそり

おいしいものを食べるでもいいですし、前からほしかったものを買ってもいいです。ワイワイやっても楽しいですが、達成したことをしんみりと祝うほうが後々思い出になります。高いワインを頼んで家族や恋人と飲んでもよいかもしれません。少人数で自分の成長をかみしめましょう。

 

その10)フィードバックはしっかり受けよう

面と向かって、どうだったか聞くと、割と遠慮して世辞を言うものです。でも悪いところは直さないと次もまた同じことやってしまう。仲良い友達に、辛口の意見をもらいましょう。こうやって聞くと教えてくれるよ

僕「今回のプレゼン10点満点で何点だったかな?」

例「ん~~9点かな?」

僕「ありがとう。あと1点あげるには、どこを直せばいいかな?」

 

写真はプレゼンのTEDつながりの映画のTED

あんまり関係ないですね

f:id:shownenknife:20161119231219j:plain

 

 

 

ナステントは万能か? 9回目

いびきの止め方がだんだんわかってきました。
ナステントだけでイビキはピタッと止まるのかというと、、、、、

今秋になって、自分のいびきを何とか止めたいという思いが強くなり、カットアンドトライでいろんなことを試して見ました。イビキが止まって、睡眠のレベルが深くなり朝の目覚めが一層爽やかなものになれば、昼間も充実して生活出来るのではないか?というふうに考えたのです。結果として仕事も生産性が上がったり、新しいことを始めるようになればしめたもの。

ですが、試してみるとなかなか結果に結びつかない。めげずにトライを繰り返しだんだん答えに近ずいて来たのです。

イビキ対策グッズは枕や鼻腔拡張テープなど様々なグッズがありますが、どれが当たりかは個人差によるので、自分にとって何が正解なのか1つずつ試していくしかありません。
僕の場合ナステントだけではイビキはおさまらないという事がはっきりしたあと、ネルネル(口に貼るシール)との組み合わせが良い事が分かりました。

ではネルネルだけではどうなのでしょうか?

何日かネルネルを貼って調べたところだいたいの傾向がつかめました。
寝る前には点鼻薬をして、鼻の通りをよくしたあと、お口を塞ぎます。
僕のイビキは就寝直後が最も激しい傾向にあったのですが、これはピタリと治り心地よい寝息をたてて寝ている事が分かりました。ただし2時間ほどして、点鼻薬の効果が薄れてくると、時々口で息をしようとしてもがいている事が録音から分かりました。そしてその後ネルネルを自分で剥がしてしまい、イビキが再開していたのでした。

こうならないようにするには、ナステントが効果があります。強制的に朝まで鼻腔を拡張し鼻の気道確保しているわけですので、効かないわけがない。
ほぼ結論は出たのですが、ネルネルの代わりに口を閉じるサポーターをしたらどうなる?というのを最後に調べてみることにしました。ネルネルは一回剥がれたらおしまいですが、サポーターなら、たとえ一回口呼吸になってもサポーターをしている限り効果は継続するものと思われます。サポーターを顎につけるのは真夏は抵抗がありますが、冬である今ならそんなに気にならないはず。ただ、ここで1つ悩みが、、、
Amazonで調べるといろんな種類のサポーターがあるのですが、これだ!ってやつが見つかりません。臭いがきついとか、すぐ外れるとか、そういうクレームも多い。
慎重に選んで試して見ますので、結果が出たらまた報告します。

「オラつく」と得をするらしい。

以前TEDで見てなるほどと思った話

でかい態度をわざとやってみる。

足を組んで、ふんぞり返って、あごを上に向ける。

一言でいうと

オラつく

これをしばらくやると、その後も態度がでかくなるそうです

 

それ、何の意味があるの?

単に嫌味な人間になるだけじゃないのか?って思いますよね。そうではないのです。

わざと、オラつくことで、その後しばらく自信がみなぎてくるそうです。

大事な面接や、重要なクライアントとの打ち合わせ、その前に、ベンチなんかで、前もって「オラついておく」(本番ではオラつかない)

こうすると、本番であがらないだけではなく、自信をもって相手に説明することができるので、好印象を与える事が出来るそうです。

 

これは、なかなかいい話聞けた。

 

レッツ、オラオラ

f:id:shownenknife:20161109004709j:plain

 

「ビンゴ」に近づいているはずなのだが、、、   その7

イビキをなんとかしたいと思ったこの取り組み

今までの人生で「いびきを何とかしたい!」って思ったのは大体誰かと一緒に眠るときの事だった。社員旅行で大勢と寝るときは自分以外の人がいびきをかいていると安心するものだった。一度海外で2人部屋になった際、申し訳なくて申し訳なくてなかなか眠れなかった覚えがある(その後隣からすごいイビキが聞こえてきたので安心しましたが)。

入院中に6人部屋とかで就寝することになると、周りの患者さんにとても申し訳ない気もする。朝目が覚めて、周りににらまれていないかどうかを、さりげなく確認する自分がいて、心配な気持ちになることもありました。

ナステントさえきちんと合わせておけば、普段使わないにしても、こういう時に活躍できるはずです。そんな思いもあり始めたナステント最適化、なかなか良い結果が出ません。

 

 

5本目のナスデントは、140mmをハサミで切って125付近のものを製作してみた。

のどの痛みはほとんどない、少し違和感があるくらい。たぶんこのくらいの長さが自分にとっては一番向いているのだろう。

しかし結果から言うとはずれ、いびきは止まらず知らない間に鼻からとっていました。

原因は不明だが、長さはある程度全部試したので、これではずれであれば長さ以外の要因を考えないといけない。

A)硬さが自分に合っていないのか?

B)右鼻様はNGで左鼻を選ぶべきだったか?

ナステントは右と左で鼻のストッパーの位置が逆になっていて、別々の製品になっている。このストッパーはワイヤーで固定されていて簡単に動させないようになっている。

それでもBについて調べないと次に進むことはできない。

 

しばし考え、手元に残った145mmのナステントを改造してみることにした。

 

まずは、長さを125mmに切りそろえる。

つぎにワイヤをグリッとやり、ストッパーの位置を強引に変える

そして左に挿入

 

朝を迎えると、またもや、ナステントが鼻からなくなっています。またしてもどこかで引き抜いたのだろうか?「いびきラボ」を急いで確認すると、、

 

なんと、朝の5時までほとんどイビキをかいていないではないか!!

 

少し気持ちがめげ始めていたところだっただけに、この結果はとてもうれしい。

 

後は硬さについての確認が必要になる

 

追加でいくつか発注してみましたので、結果がでたらまたお知らせします。

ひとまず

完 

 

 

135mmは、かみちぎりたくなる程の痛みだった その6

昨夜130mmでもずいぶんとのどに引っかかって、寝ぼけながら抜き取ってしまいました。おそらく今日もダメなのだろうとは思いながら、一回は体験してみないと本当にダメなのかはっきりしませんので、チャレンジします。

ベッドに入り、135mmソフトチューブのナステントを右の鼻から差し込みます。昨夜より強くのどの奥がゴリゴリします。というか、のどちんこに張り付く感じがします。

横になってしばらく耐えてみましたが、我慢できそうにありません。

ナステントを鼻にさすのは、これはこれでちょっとした勇気とコツがいります。うまくささったにもかかわらず、すぐに取り出すことになるとは、、、、落胆が隠せません。ベッドに腰かけ、ため息交じりに135mmを抜き取ります。

このまま終わりにしようかとも思いましたが、悔しさが残りナステントの先を歯で1センチ弱程、かみちぎってみました。

ソフトチューブだけあり、簡単に食いちぎることができました。おそらく2日目に試した125mmくらいの長さにはなったと思われます。気を取り直して再度挿入。あまりいたくありません。そのまま寝てみることにしました。

 

翌朝目が覚めると、鼻からはナステントがなくなっていました。おそらく寝ぼけて引き抜いたのではないかと思われます。何時に引き抜いたのかはまったく記憶にもありません。

 

さっそく「いびきラボ」チェック

 

結果、成功してました

一晩中ほとんどいびきをかいていません。かみちぎった長さがたまたま良かったのか、たまたまソフトチューブがつぶされずにすんだのか理由はわかりません。それに途中からはナステントなしで息をしているはずなのに、朝までほとんどいびきをかいていない様子。少し首をかしげる結果となりましたが、寝起きも気持ちよかったので、まあよしとします。

明日は140mmの装着をやめる代わりに、はさみで切って長さを調整してみようと思います。

 

つづく