ナイフの缶詰

心は少年、身は中年。常に好奇心を持ち、全てのものに感謝しながら、気づいた事を書いていきたい。

行ってきました! ピーロートジャパン 東京ミッドタウン オータムワインフェス 2017

雨の六本木

ミッドタウンで開催されているワインの試飲会に参加してきました

f:id:shownenknife:20170917213235j:plain

 

ワインのことは、ほとんど素人並みの知識しかない二人組で参加

ミッドタウンのオープンスペースに設けられた、20台ほどの円形プラスティックテーブルとそれぞれに3-4脚のテーブル

受付で参加チケットを受け取り、所定のテーブルに通されます

座って待つこと1分

来ましたワインのバイヤーさん

いきなり、白ワインを小さなカップに次いでいただきます。

ここは、きっと、渋い顔をして飲むのが正解なのでしょう

口の中に広がる甘ーいグレープの香りを、苦虫をつぶしたような顔で流しのみ

隣の友人の顔をみると、美味しそうににっこりしています。

「どんなワインがお好みですか?」

とのバイヤーの質問に、持っている知識を総動員して答えます

「なるほど、かしこまりました、少しこのままでお待ちください」

そう言い残して、華麗なるバイヤーはシュピっと席を立ちます

そのすきに友達へアドバイス

「こういうところでは、おいしそうな顔しちゃだめらしいよ」

「二人で渋い顔して、たくさん飲んじゃおうぜ(笑)」

そうこうするうちに、バイヤーさんワインを小脇に抱えて戻ってきました

次に渋みが強いワインをいただく

「美味しいけど渋すぎますね」と答える

ボルドー、カベルネの中からおすすめの赤ワインをいくつかいただき

それからブレンドワインをいただく

エールフランス航空のファーストクラスで、出てくるヤツらしい

渋い顔をして飲むつもりが、ふと隣を見ると、こらえきれずににっこりしている

うん、確かにおいしいもんな。もういいや。

俺もギブして「これ美味しいですね」と素直に認める

するとバイヤーさん

「なるほど、わかりました、もう少しお待ちください」

そういってシュピっといなくなる

戻ってきた彼が手にしているのは2013年のカルフォルニアナパバレー

たしか、当たり年だったはずでは?いやいやこれは高いでしょ

試飲感謝!とありがたがって口に含むが、意外と軽い感じがする。あれ?さっきのがいいかも。でも、お家でもう少し寝かせるとかそういう技もあるのかもしれません。

 

さて、「でおいくらですかね?」

という話をしてみる。

1本あたりの金額は正直思ったより安い。自分の頼りない舌で想像した値段より3-4割は安いと思う。ちなみに2013のナパバレー、カベルネは8000円弱。安いなあと思う。

でもね、このフェスを開催している会社は、基本企業相手に行っているので、ダースで下ろすのが基本なのです。でもこのフェスのために12本単位でも受け付けるとのこと。なので例えば超お買い得なワインが一本4000円だとしても、4万8千円を払わないといけない。いや、たった4万8千円で素晴らしいワインが12本も手に入ると考えなければいけない。

 

ウーム、しばし悩む

ちょっと懐に余裕があったら、買っていたかもしれない。

でもねぇ、今日は友達とワイン浸りになるほうにお金を使いたかった。

「ごめんなさいね、一晩考えさせてください」

そういって僕らは席をたち、六本木のワインバーに向かったのでした。

 

倚りかからず

茨木のり子の詩集を買った。

詩集を読みたいと思うのには周期がある。

みんなあるのだと思う。

僕の場合その周期が恐ろしく長い。

年と共にさらに長くなっている。

という事は、つまり、詩をよまなくてもよくなっている事

スマホでブログを読み、FBで最近の出来事を確認する

そんな日々の中で、詩集の需要がまた一つ(僕の中で)失われていく

 

倚りかからず

という言葉が気に入った。意味もなく共感する

強く生きた人の強い言葉を想像してみる

それから詩集をひらき、言葉を味わう

f:id:shownenknife:20170910171356j:plain

 

凛とした思想。風格。

 

他の詩集だけど、これも好き

 

f:id:shownenknife:20170910171901j:plain

 

いい詩に出会うと、何か新しいことを始めたくなります。

重くて持ち上がらないと思っていた腰が、ひょいと持ち上がるような

そんな不思議な力を与えてくれる

私は私の感受性を守り、研ぎ澄ましていかねばならない

 

 

 

 

友達ができる瞬間


ザ・ブルーハーツ 1986.11.27 豊島公会堂 6 パンクロック

 

 

 

人と知り合って、友達になり

 

ああ、この人とは友達になれるって、確信する瞬間は

 

人生の中でそれほど多くはない

 

年齢とともに、その機会も失われ

 

決まった人間関係の中でルーチンをこなす

 

ただし、そんな機会が永遠に来ないかと言うと、そんなことはないわけで

 

時に神様が素敵なチャンスを用意してくれることがある

 

友達を作ると言うのは、自分をさらけ出すと言うことでもあり

 

これは相当な力と根気のいる作業

 

それでも、きっと素晴らしい友達は、素敵な人生を彩ってくれると思う。

 

 

 

 

筋トレライフバランス

 

筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術

筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術

 

 

テストステロン先生の本が出たので、小難しい本を読む前に、モチベーションを上げるためにこれを読んだ。

大体1時間ほどで読み切れる内容だけど、内容は濃い

無駄なことが書いてないし、筋が通っている

自分の経験に関するエピソードもいくつか入っているがシンプルで嫌味がない

(自分のエピソードになった瞬間、冗長で陳腐になる本も意外と多い)

 

特に気に入った話

甘えそうになったら「30秒メソッド」の出番だ!

自分の限界の回数が15回くらいで、10回くらいで「もうだめ」ってなったとき

頭の中で想像する

自分の母親が悪いやつに人質に取れれていて、「あと30秒だけお前にくれてやる。それまでにできないと、、、」って脅されていると

そうして火事場のくそ時からを出して、筋トレを続けるとよいそうです。

これは

 

腹が凹む! 神の7秒間メソッド - ハリウッド式ワークアウト -

腹が凹む! 神の7秒間メソッド - ハリウッド式ワークアウト -

 

 にも書いてあった、神の7秒間を作り出せ!というのと本質的には同じ。自分自身を追い込んで、逃避行動を避け、闘志をむき出しにすることで、アドレナリンを出し筋肉強化につなげるというやり方

 

先日、脳に関する本も読んだんだけど、

 

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

 

 

人はピンチに陥ったとき、ノルアドレナリンがでて「どうしよう」って思う。そして腹をくくって「やるか」って決めるとノルアドレナリンからアドレナリンが生成される。これが出ると前向きになり、筋肉も強化されるわけで、いいことづくめ。

ただこの本によると、夜アドレナリンを出すと睡眠の質が下がるため日常的によるアドレナリンを出すのはよくないとのこと。夜出すアドレナリンはスペシャルな夜に取っておかないといけません。

普段の筋トレは夜にはやってはいけない

 

話を、筋トレライフバランスに戻します。

この問題に対して、「朝やればいいじゃん」というのがこの本の答え。でも目が覚めてからしばらくは体が眠っている。しかも食後90分は明けてから筋トレはやるべき。この問題に対して、「朝4時に起きればいいじゃん」というのがこの本の答え。

まことにシンプルです。

テストステロン先生の本を読むと、頭がすっきりして、「よしヤロウ!」って気持ちにさせてくれます。半年ほどさぼった筋トレですが、やっぱり今日から再開しようと思います。

今回はZMAサプリも買ってその効果も試していこうと思う

 

DNS ZMAスーパープレミアム

DNS ZMAスーパープレミアム

 

 

彼の主催するブログで、8週間チャレンジというのもあるみたい

 

dietgenius.jp

 

これも面白そうですが、まずは自分のやりたい方向で9月末までやってみようと思う。

 

ゲームよさらば

スマホのゲームに別れを告げることにした

直近ではまっていたのが

Fieldrunners

というゲーム

戦略ゲーと呼ばれているやつ

 

ゲームって、

A)ルールのシンプルさ

B)簡単にゴール達成できること

C)世界観ができていること

D)ちょっとずつ難しくなること

あたりが、面白くて、しばらくスマホゲームにどっぷりでした。

 

特にBが重要

小目標に簡単に到達できること、そして小目標を何回かクリアすると中ボスが出てきて、これをクリアすると、褒美がもらえることが重要。これがちゃんと練りこめていれば面白いゲームになる。(売れるかどうかはわかりませんが、はまる)

 

なぜこれが大事かっていうと

「ドーパミンがでるから」

っていうのが、答え。これは日々の学習でも読書でも本当は同じなんだけど、決まったタイミングでもらえるのがゲームの楽なところ。それほど大きな努力なしに、達成感だけがもらえる。そして、達成したらドーパミンはでる。これは気持ちが良い。

 

そして問題なのは

「サンクスコスト」

ゲームを悪く言うつもりはないけど、さらにサンクスコストがのってくると、ちょっと気味悪くなる。サンクスコストの詳細は省くけど、LEV100までいたらゲームのアンインストールがしにくくなるっていうこと。

ゲームくらいならいいけどね、ギャンブルで勝てるわけないのに追銭したりする。パチンコもゲームも本質は一緒。ドーパミンとサンクスコスト。

人間の心理をいろいろ利用すると儲かるゲームが出来上がるのだけれど、ゲーム会社がわるいわけではない。

ゲームやギャンブルにのめり込む人々はドーパミンが出やすい体質かもしれなくて、であれば、これを学習や研究に振り向ければかなりいい仕事するのかもしれない。と自己弁護してみる。

 

とか、屁理屈をこねながら、ゲームをアンインストール。少しスッキリしました。

仕事とか人付き合いとか、そういう事柄も、言ってみれがゲームの一つ。どうせやるなら自分自身が成長できる可能性のある方に時間を割かないと。あまり堅苦しく考えるわけではないですが、やりすぎはいけませんね。ゲームも息抜きでやるならいいけど、読書の時間が著しく減っているのは、よくないです。

 

ひとまず今日買ってきた本は次の2冊

読んだらまたレビュー書きます。

 

9プリンシプルズ:加速する未来で勝ち残るために

9プリンシプルズ:加速する未来で勝ち残るために

  • 作者: 伊藤穰一,ジェフ・ハウ,山形浩生
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/07/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

尊敬する伊藤穣一が書いた本なら読まねばなりません。というか本屋さんに置いてあることを今まで知らなかったという自分が情けない。やっぱ、ゲームのやりすぎはおそろしいなあ

 

 

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

  • 作者: クレイトン M クリステンセン,タディホール,カレンディロン,デイビッド S ダンカン,依田光江
  • 出版社/メーカー: ハーパーコリンズ・ ジャパン
  • 発売日: 2017/08/01
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 おいおい、マジかよ、ジョブ理論日本語になってるし。なったら買うぞ絶対って思っていたのに、知りませんでした。クリステンセン先生ごめんなさい。心して読みます。

 

一部難解な本を読むときの読み方って、意外と難しい

理解してやるぞって、気合いを入れて読むと、だいたい失敗する

でも、流し読みすると、意味不明になる

しかも序章に「どこから読んでもいいですよ」って書いてあるとますます悩む。

正解はないのかもしれないが、一定の速度で読むことは大事だと思う。わからなくても速度をキープ。

そして2回読む。

とか言いながら、今どき2回読む時間ってほとんどとれないので、どうなることかわかりませんが、では

 

いざ、まいらん、読書の海へ

 

 

f:id:shownenknife:20170807004811j:plain