読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナイフの缶詰

心は少年、身は中年。常に好奇心を持ち、全てのものに感謝しながら、気づいた事を書いていきたい。

ナステントは万能か? 9回目

いびきの止め方がだんだんわかってきました。
ナステントだけでイビキはピタッと止まるのかというと、、、、、

今秋になって、自分のいびきを何とか止めたいという思いが強くなり、カットアンドトライでいろんなことを試して見ました。イビキが止まって、睡眠のレベルが深くなり朝の目覚めが一層爽やかなものになれば、昼間も充実して生活出来るのではないか?というふうに考えたのです。結果として仕事も生産性が上がったり、新しいことを始めるようになればしめたもの。

ですが、試してみるとなかなか結果に結びつかない。めげずにトライを繰り返しだんだん答えに近ずいて来たのです。

イビキ対策グッズは枕や鼻腔拡張テープなど様々なグッズがありますが、どれが当たりかは個人差によるので、自分にとって何が正解なのか1つずつ試していくしかありません。
僕の場合ナステントだけではイビキはおさまらないという事がはっきりしたあと、ネルネル(口に貼るシール)との組み合わせが良い事が分かりました。

ではネルネルだけではどうなのでしょうか?

何日かネルネルを貼って調べたところだいたいの傾向がつかめました。
寝る前には点鼻薬をして、鼻の通りをよくしたあと、お口を塞ぎます。
僕のイビキは就寝直後が最も激しい傾向にあったのですが、これはピタリと治り心地よい寝息をたてて寝ている事が分かりました。ただし2時間ほどして、点鼻薬の効果が薄れてくると、時々口で息をしようとしてもがいている事が録音から分かりました。そしてその後ネルネルを自分で剥がしてしまい、イビキが再開していたのでした。

こうならないようにするには、ナステントが効果があります。強制的に朝まで鼻腔を拡張し鼻の気道確保しているわけですので、効かないわけがない。
ほぼ結論は出たのですが、ネルネルの代わりに口を閉じるサポーターをしたらどうなる?というのを最後に調べてみることにしました。ネルネルは一回剥がれたらおしまいですが、サポーターなら、たとえ一回口呼吸になってもサポーターをしている限り効果は継続するものと思われます。サポーターを顎につけるのは真夏は抵抗がありますが、冬である今ならそんなに気にならないはず。ただ、ここで1つ悩みが、、、
Amazonで調べるといろんな種類のサポーターがあるのですが、これだ!ってやつが見つかりません。臭いがきついとか、すぐ外れるとか、そういうクレームも多い。
慎重に選んで試して見ますので、結果が出たらまた報告します。