読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナイフの缶詰

心は少年、身は中年。常に好奇心を持ち、全てのものに感謝しながら、気づいた事を書いていきたい。

いびきを止めようと思った話 その4

ナステントの120mmは、ノドがゴリゴリして全くダメでした

 

次は125mm

 

ところで、ナステントは固めと柔らかめがあり、さらには右鼻用と左鼻用があります。

長さが6種類あるので2x2x6=24通りのパターン この中から最適なのを選ばないといけない

ナイフが選んだのは、柔らかめ。こっちの方が違和感を感じにくいから

その代わりチューブが鼻炎で潰される可能性がある。

悩ましいところですが、慣れたら硬い方が間違いがないのかもしれない。

 

それと右鼻用。何となく右の鼻の方が通りが良いような気がするから。

でもよく観察すると左の方が通りが良いのかもしれない。

 

ナステント125mmを鼻にさす

昨日と違って違和感は全くない

ただ、本来通るはずの空気が通っている感じがしない。

アレ?

っと思ったが、寝ているうちに、何とかなるかもしれません。

そのまま就寝して翌朝をむかえました。

 

早速「いびきラボ」チェック!結果は?

 

ハズレ

すごいイビキ

右鼻は一晩ふさがったままでした。

原因は鼻水がチューブに詰まったのか、潰れていたのか、わかりません。

翌日も125mmを試してみたいのですが、サンプルは一本のみ

明日は130mmをためしてみることにします

つづく