読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナイフの缶詰

心は少年、身は中年。常に好奇心を持ち、全てのものに感謝しながら、気づいた事を書いていきたい。

タクシー業界が激変する

考え方 日記 仕事 体験談

最近になって、サンフランシスコ老舗のタクシー会社が一つ潰れました。

どうしてでしょうか?みんなタクシーを使わなくなってきているのでしょうか?不景気が原因でしょうか?それとも何かほかに理由があるのでしょうか?

f:id:shownenknife:20160709190548j:plain

新しい会社の出現にシェアを奪われ続け、会社の存続が出来なくなってしまったのが現実です。

 

新しい会社の名前はUBER。配車を専門で行う会社で、タクシーの車自体は一台も所有していません。行うのはタクシーの配車サービスだけです。スマホの位置情報を利用してタクシーを呼んだ人のところにタクシーが向かうのです。利用者は専用アプリを開くことでリクエストしたタクシーがどのあたりを走っていて、あとどのくらいで到着するのかも全部わかります。料金は現金で支払う必要はなく、アプリに登録したクレジットカードで後払い。車を降りるときにサインすることも必要ありません。目的地に着いたら、扉を開けてバイバイ。そんなサービスです。アメリカはタクシーを呼ぶのに、路上で手を挙げても止まってはくれません。必ずタクシープールに行って並ぶか、ホテルの玄関まで行かないといけません。ですので利用者がいる場所までタクシーを配車してくれるアプリは爆発的に受け入れられました

 

ここまで読んで謎が出てきませんか?

「これは便利、でもなんでタクシー会社がつぶれるわけ?」

ここにはもう一つの仕掛けがあったのです。

タクシーを呼んでくれるサービスはUBERTAXI ですがこのほかに、UBERXUBERPOOLというサービスがあります。アメリカでは、これが圧倒的人気を誇っているのです。

ではまず、UBERTAXIとUBERXはどこが違うのでしょうか?

UBERXで車を呼ぶと、やってくるのはタクシーではありません。UBERと個別に契約をしたドライバーが彼もしくは彼女の自家用車でやってくるのです。UBERXの特徴をなれべて書くと、その良さがよくわかります。

 

料金はTAXIの20~30%オフ とにかく安い!

タクシーより断然安いのです。しかもタクシー乗り場に行かなくても、アプリの地図で場所を指定すれば、そこまで迎えに来てくれるわけですから最高です。

 

ルートが変わっても料金は変わらない

乗る前から料金は固定 目的地を設定して呼ぶのですが、この際に料金が表示されます。渋滞していても別ルートを迂回しても値段が変わることは一切ありません。TAXIにのって遠回りされて詐欺にあうより全然クリーンです。

 

チップ不要

TAXIだと降りる際いくらチップをあげるのかを入力させられます。さらにホテルのフロントマンにも1ドルあげたりとか、いろんなところでかかるチップがゼロになるのです。

 

わりと普通の人がやってくる

アメリカだと胡散臭いタクシー運転手もたくさんいますが、UBERXの場合は自由業の人が資金稼ぎにやっている感じで、フレンドリーだし愛想もいいです。つたない英語で世間話も付き合ってくれるし、断然気持ちがいいです。

 

自家用車?

あまり古い車は登録できないので、古臭い車でやってこられるということもありません。具体的な年数は不明ですが大体5年以内という印象を受けました。私が乗ったのはアクアにBMWなど普通のセダン車が多かったです。

 

ですので、アメリカに旅行してみる方は一度チャレンジしてみると楽しいと思います

 

次にUBERPOOL これはもっと安いです

乗り合いです。飛行場からホテルなど同一目的の方が複数いる場合使えますね。かかる料金は同乗者で割り勘。しかも自動計算でカード請求。現金を出し合う必要もないわけです。さらにアメリカでは3人以上乗せた車しか走れない特別レーンがあり、ここを堂々と走れるという強みがあります。安いだけではなく、速いわけですね。

 

本当に安全なの?

ワタシ個人の感想ですが、タクシーだって運転荒い人乗ってるし、事故がゼロなわけではない。UBERを呼ぶときには運転手が星をいくつ持っているかをチェックすることもできます。優良な運転手は乗った人が5段階で評価しています。これを見ていれば変な人ってことはなさそうです。

しかもある程度新しい車を買うだけの収入がある方もしくは家庭の人がやっているわけですから、そんなに心配することもないと思います。

私がサンフランシスコで4回利用したうち、2回は女性ドライバーでした。タクシーだと100%男なのでこれだけでもイメージが変わります。近所の奥さんに送ってってもらってる感じがします。

 

運転手は儲かるの?

売上の7割くらいが運転手の取り分(地域によって違いがあるらしい)そうです。UBERに登録しておいて、自分の空き時間を売ることができるわけですから、いいですよね。実際に乗ったら、奥様が家族の車でドライバーやってるケースもありました。

 

TAXI会社からのいやがらせはないの?

例えば飛行場の着陸ゲート近くのタクシー乗り場ではUBERXは営業できません。見つかったら罰金です。なので出発ゲート近くでの待ち合わせになるわけす。このほかホテルのカープールに入ってこれなかっりするので、現実はまだまだいろんな制約があります。でもね、お互いの居場所はスマホアプリ上の地図に表示されているわけですからそれを見ながら落ち合えば、大体抜け道はあるわけなのです。

 

日本に上陸するの?

UBERTAXIでの利用はもちろんできますが、UBERPOOLって日本では「白タク」と呼ばれている違法行為になるのです。それに日本にはそんなに態度の悪い運転手もいないので本格上陸は難しいと思われます。残念!

 

注意点

スマホアプリ導入上の注意点です。uberで検索してインストールしてクレジットカードとかを旅行の前にあらかじめセットしておく事をお勧めします。(飛行場でいきなりつかうことになるわけですからね)

さらに初めて使うときはSMSによる電話番号認証をすることになります。私は実際ここがうまくいかずに飛行場であたふたする目にあいました。

ずいぶん昔、自分の携帯がガラケーだった時にセキュリティ設定で「海外からのSMSは受信しない」っていう設定をしておりました。(iモード時代にやった設定です!)これが有効になっておりいつまでたってもSMSでPINが届かない、これでアタフタしたことがあります。ちなみに飛行場からドコモのコールセンターに電話して相談したのですが、「そんな設定ありません」って言われました。ドコモの人も忘れてるのでしょうねえ。しっかりチェックしておきましょう。

SMS拒否設定 | お知らせ | NTTドコモ